スマホや携帯料金を比較して安くする方法/モバイル24時

格安SIMについて・・・

格安SIMについて、基本的なところ、つまりau・ドコモ・ソフトバンクよりも安いということが分かったら次はそのメリット・デメリットを見ていきましょう。

 

最近のスマホ使用の傾向を見ていくと、データ通信でのやりとり(LINEチャットやLINE通話)などが多く、正規の通話方法で電話をかける人が少なくなっています。

 

この傾向からみていくと多くの人は最近話題の格安SIMを使ったほうが非常にお得で節約にもなります。

 

私の場合、ドコモ利用時は月額5000円以上は当たり前(多分普通と思われる方が多い)でしたが、格安SIMに換えてからは携帯電話代は月額2000円以下になりました。

 

お使いのスマホのSIMカードを入れ替えるだけで明日から安い携帯代金で使えるようになります。

 

是非ご検討ください!

 

格安SIMの良いところ

お持ちのスマホ(携帯)がそのまま使える

ご使用のスマホ(携帯)は何年ぐらい使いますか?一般的には大手キャリア(au・ドコモ・ソフトバンク)の場合、機種込み2年の契約が多くなっており、その契約においては機種代0円となったりします。

 

これが非常にお得に見えて大半の方がこれを選択していますが、実は落とし穴があるのです。それは毎月払う月額料金の中にこの機種代が組み込まれており、結果的には高い携帯料金を払い続けることになっているのです。

 

格安SIMの場合、そんなお持ちのスマホ(携帯)をそのまま利用でき長く使っても格安の電話料金で済むわけです。

 

最近は、新規機種が必要な方のために、機種代金を分割で購入できるようになっている会社がほとんどですから、機種が必要な方にとっても安心です。

 

そして、これらをすべて合わせても月々の料金は大手キャリアよりもかなり割安になっています。

 

契約期間の縛りが短い

大手キャリアの場合、ほとんどのプランが2年契約を基本としており、その間に乗り換えをしようとすると高額な違約金がかかってしまいます。

 

しかし、格安SIMを使うとこの契約期間がほとんどで1年程度、中には縛りなしというところもあり、乗り換えをしたいと思った時にできるメリットがあります。

 

月額料金がとにかく節約できる

格安SIMを使いだしてから劇的に毎月の携帯料金が減りました。

 

月額料金は1600円+通話料500円ほどで2000円ちょっとです。

 

それまでは5000円以上が当たり前だっただけに、一般的な契約のくくりとなっている2年で考えてみると月々2800円節約として24か月=67200円も携帯代が節約できたことになります。

 

浮いたお金でなにか好きなものを買ったり、美味しいものを食べに行ったり楽しみが増えました。

格安SIMの悪いところ

通話料が別途必要になる

格安SIMを使う上でそのデメリットについては留意しておかなければなりません。

 

その1つめとして、基本的に各プランには通話料がついていません。

 

大手キャリアのプランはかけ放題が多くなっていますが、これは別途でかかります。

 

ですから、通話時間が多い方は注意が必要です。

 

しかし、最近ではソフトバンク系のY!mobileやドコモ系のもしもシークスで、1回の通話が10分以内ならかけ放題のプランがでており、このデメリットは徐々に解消されつつあります。

 

また、G-callアプリからの通話は電話料金が半額になるため、通話が2000円くらい使う方なら1000円で済みますからこれも強い味方です。

 

もしもシークスって何?知りたい方はココをクリック

 

スマホ(携帯)本体を購入する必要がある

格安SIMの次のデメリットは最初にスマホを購入する必要がある点です。しかし、同系列の通信回線を使用している格安SIM会社であれば、お使いのスマホをそのまま使用ができます。

 

ただしドコモのスマホ(白ロム)については、格安SIMではデザリング機能ができなくなります。ドコモのiPhoneのについては、格安SIMでテザリングができます。

 

auの場合はiPhoneではテザリングができませんが、その他の機種ではできます。

 

条件によりスマホを買い替えるケースがありますが、最近は2年分割や低価格のSIMフリースマホが出ていますので大きな負担はなくなりつつあります。

 

通信速度が大手キャリアより遅くなる

スマホでインターネットをするときの条件に大きくかかわるのが通信速度です。

 

実測値で見るとよく分かりますが、au・ドコモ・ソフトバンクのような大手キャリアと比べると通信速度は3分の1~半分程度遅くなります。

 

特にお昼や夕方の回線が込み合う時間帯で速度が低下する傾向にあります。

 

しかし、通常の検索、メールの閲覧、LINEなどのチャットをするのには全く影響がありません。

 

動画の閲覧中心の方にとってはつらい時間帯があるかもしれませんが、一般的な利用に関してはほぼ問題はないと言えるでしょう。

 

通信速度実測値について2015年9月データ

 

ワンセグやお財布携帯について

格安SIM会社から販売されている本体は大半がワンセグやお財布携帯の機能はありません。

 

しかし、au・ドコモなどで使用していたスマホは格安SIMに入れ替えてもそのままこれらの機能を使うことができます。

 

更にSIMフリーの機種でもXperiaではお財布携帯機能を備えたものが出てきていますので、どうしてもそういう機能が欲しい方はこういった機種を選ぶようにしましょう。

 

MNPに時間がかかる

新しく携帯電話を買いたいときに、違う携帯会社に乗り換えて契約することをMNPといいますが、格安SIMへの乗り換えもこの手続きを行います。ただし、通常インターネットからの手続きとなるため時間がかかります。
ドコモショップのような店頭での手続きであれば1~2時間もあれば手続きは完了しますが、格安SIMの場合、手続きしてから2~3日後に新しいSIMカードが届くので、その間携帯電話が使えなくなるというデメリットがあります。
しかし、1年365日の中でのたった2,3日の我慢でその後の電話料金が飛躍的に安くなるのです。
たまには携帯電話のない生活を楽しんでみるのも良いのではないでしょうか。

 

U-mobileでは2015年11月9日より他社に先駆けてWEB上での即日MNPが可能になりました