格安スマホの通信速度2月度の結果(au/softbank)

au・softbank回線の格安スマホの通信速度解析

ITmedia より最近の記事で格安スマホの最新通信速度情報が公表されました。
今回はau・softbankの通信速度測定結果を見ながらおススメの格安スマホ会社を探していきたいと思います。
docomoに比べると参入業者が少ないですが、多くはテレビCMなどで耳にしたことがあるところが多いかもしれません。

 

通信速度について断っておきますが、私の経験上各社一律「下り最大150Mbps」「下り最大225Mbps」などと表記されていますが、実際のところそこまでの速度が出る格安スマホはないのが現状です。

 

 

 

計測結果

今回、テストを行いデータが公表されたのは以下の5サービスとなっています。

 

・UQ mobile

・mineo(Aプラン)
・IIJ mio(タイプA)
・au(LTE NET)
・Y!mobile

 

auのLTE NETはMVNOではなく、auのスマートフォンで利用するインターネット接続サービス。いわば“本家”の通信速度になります。Y!mobileも同様に、大手キャリアであるソフトバンクの回線をそのまま使っているため低価格料金ですが実質はソフトバンク直営の低価格プランといったところでしょうか。

 

 今回の計測はドコモ、auどちらの周波数帯も広く利用できるZenFone 3を計測に使用されています。

 

午前の下りはどこのサービスも好調

 

 比較的混雑していない午前中での計測は、どのサービスも下り10Mbpsを超える結果が出ていました。

 

 「LTE NET」と「Y!mobile」は大手キャリアらしく、余裕の30Mbps超えをしています。
やはりスピード重視の方にはこの2社が一番手っ取り早いといったところでしょうか。
今CMで話題のMVNOで「UQ mobile」は21.37Mbpsを記録しました。
「mineo(Aプラン)」は11.91Mbps、「IIJmio(タイプA)」の11.75Mbpsとなっています。

 

 上りについてはもともと下りほどスピードは出ないものの、最速でY!mobileの16.17Mbps。UQ mobileとLTE NETは約10Mbpsでほぼ同じスピードでした。その後はmineo(Aプラン)の5.4Mbps、IIJmio(タイプA)の3.97Mbpsとなります。

 

昼食時間帯はUQ mobileが下り30Mbps超え

 

 昼食時間帯こそが正念場、利用者が一斉に使いだす時間帯でここでスピードがどれだけ出るかがポイントになりそうです。
 mineo(Aプラン)は下りが0.19Mbps。IIJmio(タイプA)は2.21Mbps。
 UQ mobileはLTE NET(下り37.96Mbps)に迫る下り34.16Mbpsとドコモ系本家でも出ないようなスピードを記録しています。
 Y!mobileは下りが20.65Mbps、上りが13.41Mbpsとかなりのスピードです。

 

 ちなみにドコモ系MVNOの最速が「楽天モバイル」が10.56Mbpsということでスピード勝負ならau・softbank系優位ということが分かりました。

 

mineo(Aプラン)は速度は遅いものの・・・

 

 夕方の時間帯ではMVNOではUQ mobileが下り19.56Mbps、上り8.88Mbpsと明らかに速い。
 IIJmio(タイプA)は下りは9.15Mbps。
 mineo(Aプラン)は下り0.62Mbpsで今回比較の中では最低。
 LTE NETは下り33.7Mbps、Y!mobileは下り18.25Mbpsとなっており、大手キャリア優位は変わりません。

 

 ここで、注目すべきは速度の遅いmineo。
 私が単純に考えるにmineoは総合おススメ度で1,2位を争っている点です。
 初心者に優しい豊富なサービスが高齢者からの支持を受け、契約数としては上位に食い込んでいるのです。
 そのためか、回線が混んでスピードが出にくくなっているのではないかと考えました。
 そのうち対策がなされれば、この点は解消されるかもしれません。
 以下は高齢者である父がmineoを選んだ経緯が載っています。
 

シニア古希爺の初めての格安スマホ選び

 

UQ mobileモバイルは本当に格安スマホ?

 

 全ての時間帯での比較結果より、UQ mobileが一番速く、大手キャリア直営よりも優れていることが分かりました。
 一方で先ほども述べましたが、mineo(Aプラン)は契約数が伸びている影響か、昼と夕方の下り速度が厳しい結果が出ています。
 IIJmio(タイプA)はドコモ回線でもスピードが出ているほうで、狙い目かもしれません。

 

IT MEDIAのまとめた結果は以下の通り

 

・UQ mobile……大手キャリア並みに速い
・mineo……混雑時の下りが苦手
・IIJmio……どの時間帯も安定している
・au(LTE NET)……どの時間帯も速い
・Y!mobile……どの時間帯も速い

おススメの格安スマホ会社

今回の結果、総合的におススメできそうなのmineoとUQモバイルといったところになります。
どちらもau系ですが、スピード重視の点ではUQモバイル、サービスではmineoがおススメです。

 

UQモバイル





UQモバイルの詳細と評判

UQモバイル公式サイトはこちらUQモバイル

 

mineo




docomoとauどちらでも使えるお得な格安スマホです。
3月1日より他社に追随して5分かけ放題サービスが登場しました。
初心者目線のわかりやすいサポート体制が非常に充実しており、70歳になる私の父はmineoでスマホデビューしたくらいです。

古希爺の始めての格安スマホ選び

 

mineoの詳細と評判


公式サイトはこちらmineo

関連ページ

格安スマホの通信速度2月度の結果
格安スマホの通信速度の情報をキャッチし独自の観点で解説しています。
au回線のMVNO、通信速度10月度の結果
スマホでネット通信するときに重要なのが通信速度。今回はau回線を使用するMVNO業者の比較結果をお知らせします。
9月度の格安SIM通信速度調査
2015年9月のスマホ(携帯)に伴う格安SIMの通信速度調査の記事を紹介しています。
10月度のMVNO、格安SIM通信速度調査
MVNOの業者を決める一番の指標として通信速度が挙げられます。毎月の指標を基に一番最適な格安SIM買い社を見つけましょう。