格安スマホの通信速度2月度の結果

ドコモ回線の格安スマホの通信速度解析

speed_test

ITmedia より最近の記事で格安スマホの最新通信速度情報が公表されました。
格安スマホを選ぶうえでこの「通信速度」は重要な決め手になっています。
各社の料金体系は明確に打ち出されていますが、果たして使い勝手が良いのかは疑問が残ります。

 

通信速度については各社一律「下り最大150Mbps」「下り最大225Mbps」などと表記されていますが、実際のところそこまでの速度が出る格安スマホはないのが現状です。

 

では、実際にどのくらいの速度が出ていてどこがおススメなのか確認してまいります。

 


計測結果

今回、テストを行ったのは以下の20サービスが紹介されています。

 

・IIJmio
・OCN モバイル ONE
・BIGLOBE SIM
・b-mobile(おかわりSIM)
・LINEモバイル
・楽天モバイル
・NifMo
・ロケットモバイル
・FREETEL SIM
・DMM mobile
・U-mobile PREMIUM
・Wonderlink(LTE Iシリーズ)
・Wonderlink(LTE Fシリーズ)
・mineo(Dプラン)
・DTI SIM
・0 SIM

・イオンモバイル
・エキサイトモバイル
・nuroモバイル
・ドコモ(mopera U)

 

mopera Uは大手キャリア直営のドコモ回線になります。

 

●午前の下りはOCN モバイル ONE、上りはIIJmioがトップ

 

 今回の測定は2月27日(月)と28日(火)に行われました。

 

 この時間帯は比較的帯域に余裕があるようで、MVNOの19サービス中、13サービスが下り10Mbps~20Mbps台を記録しています。トップは「OCN モバイル ONE」の24.57Mbpsで、本家ドコモの「mopera U」(24.47Mbps)をわずかながら上回りました。以降は「IIJmio」(23.15Mbps)、「楽天モバイル」(20.42Mbps)、「BIGLOBE SIM」(20.26Mbps)が続いています。

 

 上りは唯一の10Mbps超えとなるIIJmioが10.23Mbpsでトップとなり、9.82Mbpsのmopera Uを超えていまs。ずまずの結果。最下位は2.21MbpsのWonderlink(LTE I)だった。

 

●昼は楽天モバイルが10Mbps超えのトップに

 

 お昼の時間については、電話回線を利用する人が多いため、格安スマホでは一気に速度が落ちる時間帯です。mopera Uについては12時台でも下り20~60Mbpsと高速だったが、今回は5.46Mbpsにまで落ち込んだ結果となりました。

 

 格安スマホの多くが下り1Mbps以下だった中で楽天モバイルは10.56Mbps、LINEモバイルは8.77Mbps、Wonderlink(LTE F)は8.53Mbpsと好調で、mopera Uを上回りました。た。

 

●サービスによって大きな差 トップはmopera U

 

 18時台の下りの速度は、サービスによって大きな差が出た。トップはmopera Uの13.34Mbpsで、直営である本領を発揮しています。次いでLINEモバイル(12.85Mbps)、DTI SIM(12.23Mbps)となっています。

 

 上りは、2Mbps~6Mbps台とまずます安定していますが、トップはBIGLOBE SIMの6.98Mbpsで、エキサイトモバイル(5.61Mbps)とFREETEL SIM(5.39Mbps)。ワーストはnuroモバイルの2.91Mbpsだった。

 

●総合的に安定しているのはLINEモバイルと楽天モバイル

 

 数々の条件での計測結果に対して特に注目したいのがLINEモバイルと楽天モバイルです。12時台でも速度は落ちず、平均で6~10Mbps台を保っています。

 

ITmediaでのまとめた結果は以下の通りです。

 

・IIJmio……昼の下りが苦手、上りが得意
・OCN モバイル ONE……昼の下りが苦手
・BIGLOBE SIM……昼の下りが苦手、上りが得意
・b-mobile(おかわりSIM)……昼の下りが苦手
・LINEモバイル……全体的に優秀
・楽天モバイル……全体的に優秀
・NifMo……昼の下りが苦手
・ロケットモバイル……昼の下りが苦手
・FREETEL SIM……昼はやや遅いが全体的に優秀
・DMM mobile……昼の下りがやや苦手
・U-mobile PREMIUM……夕方の下りが苦手
・Wonderlink(LTE Iシリーズ)……昼の下りがやや苦手
・Wonderlink(LTE Fシリーズ)……昼にも強さを発揮
・mineo(Dプラン)……昼の下りが苦手
・0 SIM……下りはどの時間帯も厳しい
・DTI SIM……昼の下りがやや苦手、夕方も速い

・イオンモバイル……昼の下りが苦手
・エキサイトモバイル……昼の下りが苦手
・nuroモバイル……昼の下りが苦手
・ドコモ(mopera U)……全体的に速いが、昼にやや苦戦

おススメの格安スマホ会社

今回の結果、総合的にお勧めできそうなのは楽天モバイルとLINEモバイルということになります。
私自身この両方は使用経験があり、また、端末価格やサービス面含めおススメできる2社になります。

 

mineoに関しては70歳になるわが父もおススメする格安スマホ会社です。
参考までにその記事もご覧ください。

シニア古希爺の初めての格安スマホ選び

 

楽天モバイル




総合的な使いやすさからおススメできる格安SIM会社が楽天モバイルです。
申込み月は基本料金が無料になったり、楽天ポイントが貯まりやすくなるキャンペーンがあります。
なんといってもいち早く+850円オプションで5分間かけ放題プランが登場しましたが、楽天ポイントがそのままスマホ代の支払いに使える点などメリットが多いのが強みといえます。。
プランの料金も競合の格安SIM各社の中では比較的安い点が抵抗なく使える理由だと思います。

楽天モバイルの評判と詳細

公式サイトはこちら【楽天モバイル】

mineo




docomoとauどちらでも使えるお得な格安スマホです。
3月1日より他社に追随して5分かけ放題サービスが登場しました。
初心者目線のわかりやすいサポート体制が非常に充実しており、70歳になる私の父はmineoでスマホデビューしたくらいです。

古希爺の始めての格安スマホ選び

 

mineoの詳細と評判


公式サイトはこちらmineo

関連ページ

au回線のMVNO、通信速度10月度の結果
スマホでネット通信するときに重要なのが通信速度。今回はau回線を使用するMVNO業者の比較結果をお知らせします。
9月度の格安SIM通信速度調査
2015年9月のスマホ(携帯)に伴う格安SIMの通信速度調査の記事を紹介しています。
10月度のMVNO、格安SIM通信速度調査
MVNOの業者を決める一番の指標として通信速度が挙げられます。毎月の指標を基に一番最適な格安SIM買い社を見つけましょう。