9月度の格安SIM通信速度調査

2015年9月の格安SIMの通信速度は・・・

MMD研究所より発表されました「2015年9月格安SIM通信速度調査 JR山手線編」を紹介いたします。
この調査は、2015年9月3日に発表された「格安SIMに関する調査※」よりMVNOのサービスシェア上位10社と通信速度の参考として今回の調査対象のMVNOへ回線を提供しているdocomo、auを合わせた計12社にて通信速度を計測を実施した上位4社の結果です。

 

調査場所・計測日は、JR東日本エリア内の2014年度乗車人員より山手線上位10駅を選定し2015年9月9日~11日、14日、15日にわたり実施しました。計測は「RBB TODAY SPEED TEST」アプリを利用し、平日5日間、14時~18時の時間帯で各サービス各駅3回計測しています。
結果及び、調査概要については以下の通りです。

通信速度結果ランキング(ダウンロード平均スピード)

mineo

17.2Mbps

au・ドコモの2社の回線が利用できるメリットに加えて格安SIM最速スピードはおススメです。

詳しくはこちらアリだぜ。mineoスマホ




 

DMM mobile

17Mbps

各種プランが最安値料金であるにもかかわらず驚異のスピードを出しています。
詳しくはこちら【DMM mobile】加入するなら今がチャンス



BIGLOBE LTE・3G

16.7Mbps

安定的なスピードとサービスを堅持しています。
詳しくはこちら「BIGLOBE SIM」のリーズナブルなプラン



IIJmio

16.5Mbps

上位に組み込める安定したサービスが引き続き魅力です。
詳しくはこちらIIJmio高速モバイル/Dサービス

 

ドコモの平均スピードは25.7Mbpsでした

関連ページ

au回線のMVNO、通信速度10月度の結果
スマホでネット通信するときに重要なのが通信速度。今回はau回線を使用するMVNO業者の比較結果をお知らせします。
10月度のMVNO、格安SIM通信速度調査
MVNOの業者を決める一番の指標として通信速度が挙げられます。毎月の指標を基に一番最適な格安SIM買い社を見つけましょう。