格安SIMとスマホの用語集

格安SIMと格安スマホに関する用語集

格安SIMとは・・・

simcard
恐らく見たことはあるのでは・・・

 

スマホの中に埋め込まれている、金メッキの部分をくりぬいたような大きさの長方形のICカード(SIMカード)のことをいいます。
薄っぺらい小さなカードです。
この格安SIM(格安SIMカード)をスマートフォンに入れると通話やネットワークにつながるようになります。

 

MVNOとは・・・

MVNOとは、Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)を指します。
2001年秋に日本で初めてのMVNOが登場して以来、最近ではたくさんの事業者がMVNOとして、いろんなサービスを提供しています。
もっとわかりやすく言うと、格安SIMの格安通信サービスを提供している会社です。
格安SIMカードやSIMフリースマホを販売しています。
そしてそのMVNOの会社は当サイトで紹介している「楽天モバイル」「DMM mobile」「mineo」等になります。

 

SIMフリースマホとは・・・

これまでの大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)のスマホ(携帯)はそれぞれにロックがかかっており、他社のサービスを使用することができませんでした。
しかし、SIMフリースマホはそのロックがかかっていないため、他社製のSIMカードがほぼ制限なく使えるスマートフォンなのです。
格安スマホということばがありますが、これはSIMフリーのスマートフォンと言ったほうが分かりやすいかと思います。
SIMフリースマホがあると、国内の大手キャリア以外の電話会社のSIMカードを入れて使うことができる他、海外でも使用できる点で非常にメリットが大きいのです。
最近では、SIMカードが2枚入るデュアルSIMスマホも登場しており、スマホの2台持ちをしなくて済むようになったり、海外とのカードをボタン一つで切り替えできるようになっています。

 

白ロムとは・・・

ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリアで販売しているスマートフォン(スマホ)、またはタブレットのことを白ロムと呼びます。
言い方を良くすると純正とでも言いましょうか。
制限はあるものの、ドコモやauのスマホを持っている場合は、基本的に今使っているスマホで格安SIMを使うことができます。
ただし、ソフトバンクのスマホは使えません。
これは、スマホの利用可能周波数にも影響しています。

 

MNPとは・・・

MNPとはモバイル・ナンバー・ポータビリティといいます。
携帯電話番号を変えることなく、番号そのままで乗り換えることを言います。
例えば電話番号そのまま、ドコモからauにのりかえる事ができるのです。
また、当サイトで紹介している例でいくと、電話番号はそのまま、ドコモから楽天モバイルに乗り換えることができます。

 

昔は、ドコモで090-1234-5678という携帯電話番号を使っていても、他社に乗り換えれば違う携帯電話番号に変わってしまいました。
このサービスは2006年からスタートしましたが、今ではすっかりMNPによる他社への乗り換えが当たり前になりました。
携帯電話各社はMNPの乗り換えで「実質0円」などの大胆なキャンペーンを展開しています。