HUAWEI MATE9のスペックとレビュー

HUAWEI MATE9

発売日:2016年12月16日
価格:60,800円

 

ライカダブルレンズを搭載した5.9型SIMフリースマートフォン
世界を見ても現段階でのフルスペックの最高峰

 

 

 

一回り小さく持ちやすく

MATE7のときから比べると6インチ→5.9インチにサイズ変更となったが、片手で持ちやすいサイズにナット言う感触です。

 

とにかく早いさくさく動く

Kirin960プロセッサ搭載で、現行スマホの中ではトップクラスのスピードを誇ります。

 

大容量バッテリーで電池長持ち

4000mAhの大容量バッテリー及び節電の技術により継続2日間使用できるようになりました。
自分の場合、夜に充電、翌朝から2日間充電なしで使用できています。

 

主な機能
サイズ:高さ約156.9 mm
    幅約78.9 mm
    厚さ約7.9 mm
    重さ約190 g
カラー
シャンパンゴールド、ムーンライトシルバー、ブラック
対応OS
Android™ 7.0 Nougat / Emotion UI 5.0
CPU
HUAWEI Kirin 960 オクタコア (4 x 2.4GHz A73 + 4 x 1.8GHz A53)
メモリ
RAM 4GB / ROM 64GB / microSD カード(最大256GB)
バッテリ
容量4000 mAh (一体型) ※ 急速充電対応 5V/2A or 5V/4.5A or 4.5V/5A

 

ディスプレイ
約 5.9インチ, FHD (1080x1920ドット), IPS
カメラ
メインカメラ( ダブルレンズ):
1200万画素カラーセンサー + 2000万画素モノクロセンサー
開口部F2.2 / 光学手振れ補正 / 2色フラッシュ / 2倍ハイブリッドズーム
4-in-1 ハイブリッドフォーカス(像面位相差 + コントラスト + レーザー + デプスAF)

 

インカメラ:800万画素 (開口部F1.9 / AF)
通信速度(受信時/送信時)

 

通信方式
[SIM 1] FDD-LTE : B1/2/3/4/5/7/8/9/12/17/19/20/25/26/28/29
TDD-LTE : B38/39/40/41
LTE CA DL( 国内) : B1+B19/B3+B19/B1+B8/B1+B3+B8
UMTS: B1/2/4/5/6/8/19
TD-SCDMA: B34/39
CDMA2000: BC0 ※2
GSM:850/900/1800/1900MHz

 

[SIM 2] UMTS: B1/2/4/5/6/8/19
CDMA2000: BC0 ※2
GSM:850/900/1800/1900MHz

 

Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac準拠(2.4/5.0GHz), USB Type C (High Speed/OTG対応), NFC, Nano SIM x 2
Bluetooth® v4.2 with BLE, 赤外線リモコン
最大接続台数:8台
その他
SIM スロット:Nano SIM x 2
測位方式:GPS / AGPS / Glonass / Beidou / Galileo
センサー:加速度, コンパス, ジャイロ, 環境光, 近接, HALL, 指紋認証, 気圧
音楽再生フォーマット:MP3, MIDI, AMR-NB, AAC, AAC+, eAAC+, AMR-WB, WMA2-9, RA, PCM, OGG, FLAC
音楽ファイルフォーマット:MP3, MP4, 3GP, WMA, OGG, AMR, AAC, FLAC, WAV, MIDI, RA
動画再生フォーマット:4K video, H.265, H.264, H.263, MPEG-4, MPEG-2, RV7-10, Xvid, VP8, WMV9
動画ファイルフォーマット:3GP, MP4, WMV, RM, RMVB, ASF

HUAWEI MATE9のレビュー

HUAWEIファンにとって、日本ではMATE8の発売がなかっただけに心待ちにしていた最高の1台です。
5.9インチと幅が少し小さくなったことで片手での携帯性がかなり向上しました。

 

 

スペックからの特徴

第2世代Leicaダブルレンズカメラ搭載。1200万画素RGBセンサーと2000万画素モノクロセンサー搭載の第2世代Leica ダブルレンズカメラを採用。RGBセンサーが鮮やかなカラーをキャプチャーし、モノクロセンサーがより詳細なディテールを再現しています。動画では4Kの動画が録画可能です。

 

 

汎用性は?

対応周波数から、NTTドコモのSIMカードでは基本的にエリアをすべてカバーできるため問題ありません。
ただし、FOMA SIMカード(3G通信のみのSIM)には対応しておりません。
KDDI及びソフトバンクでの通信は対応しておりません。

 

[SIM 1] FDD-LTE : B1/2/3/4/5/7/8/9/12/17/19/20/25/26/28/29
TDD-LTE : B38/39/40/41
LTE CA DL( 国内) : B1+B19/B3+B19/B1+B8/B1+B3+B8
UMTS: B1/2/4/5/6/8/19
TD-SCDMA: B34/39
CDMA2000: BC0 ※2
GSM:850/900/1800/1900MHz

 

[SIM 2] UMTS: B1/2/4/5/6/8/19
CDMA2000: BC0 ※2
GSM:850/900/1800/1900MHz

 

 

MVNOの取り扱い業者

2017年3月13日現在の情報
楽天モバイル
実売価格は60,800円(税別)、楽天カードによる24回分割払いが可能。
WEB限定で通話SIMお申し込みにより49,800円(税別)に。
でーたSIMでお申し込みの場合は54,800円(税別)

楽天モバイルの詳細・お申し込みはこちら【楽天モバイル】

 

端末だけがほしい方は・・・

アマゾンから購入

Huawei 5.9型 Mate9 SIMフリースマートフォン ムーンライトシルバー/51090YMG 【日本正規代理店品】 MATE9/SILVER

新品価格
¥55,800から
(2017/3/13 21:27時点)

 

楽天から購入

>【送料無料】 HUAWEI MATE9 ゴールド「MATE9/GOLD」 Android 7.0・5.9型・メモリ/ストレージ:4GB/64GB nano×2 SIMフリースマートフォン

価格:59,930円
(2017/3/13 21:29時点)
感想(1件)

関連ページ

SHARP AQUOS SH-M02のスペックとレビュー
SHARP AQUOS SH-M02がリリース!その魅力について迫っていきます。
FUJITSU arrows M02/RM02のスペックとレビュー
FUJITSU arrows M02/RM02がリリースされました。その魅力について迫っていきます。
HUAWEI Mate Sのスペックとレビュー
HUAWEIより美しいボディと強力なスペックの最新機種、Mate Sが発売されました。その詳細と魅力についてご紹介していきます。
HTC Desire 626のスペックとレビュー
シンプルなデザインが人気のHTC。Desire626を投入で日本市場のシェアがどこまで伸ばせるか。そのスペックとレビューに迫ります。