HTC Desire 626

HTC Desire 626

発売日:2015年10月中旬
デザインにこだわりつつ、シンプルさを求める方には最適です。
HTCは台湾を拠点とするスマートフォン・携帯情報端末(PDA)メーカーですが、まだ日本ではあまり知られていないかもしれません。
しかしお隣中国では、一昔前からシンプルで使いやすい端末としてその人気を誇ってきました。

主な特徴

ツートンカラーでおしゃれに洗練されたデザイン

ポップで明るい巧みな色合いのツートーンカラーに滑らかな加工で仕上げられた外装は他の機種とちょっと違った感が個性的なデザインが特徴です。

 

高画質カメラを搭載

背面1300万画素、フロント500万画素のカメラを搭載しています。
撮影後は画像加工や動画にまとめたりと簡単加工ができる点が特徴です。

 

独自のHTC Sense UI

HTC独自に開発したSNSやアプリ、お気に入りのニュースや情報、カレンダー、写真などを一つの画面に集約して知りたい情報が瞬時に分かるようになっています。

 

主なスペック

ディスプレー

約5.0インチ

画面解像度

1,280×720ドット

サイズ

幅146.9mm×奥行き70.9mm×厚み8.19mm

重量

約140g

CPU

Qualcomm MSM 8916
クアッドコア 1.2GHz

メモリー

2GB

ストレージ

16GB

外部ストレージ

MicroSD

最大通信速度

下り最大150Mbps

対応ネットワーク

[LTE Band] : B1/B3/B5/B7/B8/B19/B28
[W-CDMA Band] : B1/B5/B6/B8/B19

OS

Android 5.1

カメラ画素数

リア:1300万画素/イン:500万画素

バッテリー容量

2000mAh

SIM形状

nanoSIM

カラーバリエーション

ホワイト、ピンク、ブラック

定価(税抜)

2万7800円

HTC Desire626のレビュー

スペック的には1世代前の感がありますが、実際の使用感は全く遜色ありません。
ましては2万円台で手に入れられるスマホの中ではかなり優秀な方の部類だと思われます。
しいて言うならば、画面がやや暗い点でしょうか。

 

スペックからの特徴

 

汎用性は?

LTE BandはBand 1, 3, 19, 28の4つに対応。docomoのプラチナバンド(LTE Band 19)で通信が可能です。また、W-CDMA Band 6, 19に対応しているためFOMAプラスエリアでの通信が可能です。FOMAプラスエリア対応で基本的なエリアはほぼカバーしています。

 

MVNOの取り扱い業者

楽天モバイル
現在キャンペーン価格でとお買い得になっています。
楽天カードによる24回分割払いでも同様の価格でお求めのチャンスです。(891円/月)

楽天モバイルの詳細・お申し込みはこちら【楽天モバイル】

関連ページ

HUAWEI MATE9のスペックとレビュー
HUAWEI MATE9の魅力についてそのスペック解析とレビューをしていきます。
SHARP AQUOS SH-M02のスペックとレビュー
SHARP AQUOS SH-M02がリリース!その魅力について迫っていきます。
FUJITSU arrows M02/RM02のスペックとレビュー
FUJITSU arrows M02/RM02がリリースされました。その魅力について迫っていきます。
HUAWEI Mate Sのスペックとレビュー
HUAWEIより美しいボディと強力なスペックの最新機種、Mate Sが発売されました。その詳細と魅力についてご紹介していきます。