HUAWEI nova liteのスペックとレビュー

HUAWEI nova lite

nova lite

発売日:2017年2月24日
価格:19,800円(税別)

 

HUAWEIの低価格ハイスペック格安スマホとして代表的なのはP9 lite。
その後継機ともいえる機種が発表されました。
それが、HUAWEI mova liteです。
先日のMMD研究所の記事の中でスマホ端末にどれくらい予算をかけられるかのアンケート結果、25,000円程度の意見が圧倒的多数でした。
その予算からみて今一番注目されるのがHUAWEI nova lite。
ただし、そのデザインはhoner8とよく似ており、兄弟機種novaとは画面サイズも異なることから日本仕様に仕立て上げたのではないかと思います。


HUAWEI nova liteのレビュー

さて、このHUAWEI liteをもう少し詳しく見ていくことにします。

 

スペックからの特徴

ディスプレイは5.2インチのフルHDディスプレイでKirin655のオクタコアCPUを搭載しており、RAMが3GBで前任機種のHUAWEI P9liteと比べて少しずつパワーアップしていることがわかります。
仕様別に見ていくと以下の表から今回スペックがアップしているところが少しずつあります。
それに加えてコストパフォーマンスがよくなっているところからミドルクラスのスマホを求めるニーズに対応した機種といえると思います。
カラーはホワイト、ブラック、ゴールドの3種類。

仕様 mova lite P9 lite
ディスプレイ 5.2インチ 5.2インチ
解像度 1920×1080 1920×1080
CPU Kirin 655 Kirin 650
RAM 3G 2G
バッテリ 3,000mAh 3,000mAh
サイズ(縦×横×厚み) 147.2×72.94×7.6mm 146.8×72.6×7.5mm
重量 147g 147g
価格 19,800円 25,800円

 

 

 

汎用性は?

対応周波数から、NTTドコモのSIMカードでは基本的にエリアをすべてカバーできるため問題ありません。
FOMA SIMカード(3G通信のみのSIM)にも対応しているようです。
KDDI及びソフトバンクでの通信はまったくできないというわけではないですが、周波数が限られているためあまり実用的とはいえないでしょう。
ただし、mova liteの上位機種novaではauで対応が可能です。

 

FDD-LTE : B1/3/5/7/8/19/28
TDD-LTE : B40
W-CDMA : B1/5/6/8/19
GSM : 850/900/1800/1900MHz

 

そのほかの特徴

ほかの機種とも共通しているといえますが、今のスマホに搭載されているカメラはデジタルカメラと同等のレベルに達しているといえるでしょう。
シニア世代で70歳でスマホデビューの父がその性能を認めているくらいです。
以下記事に詳しくいろいろ書かれてありますのでよかったら見てください。

古希爺の初めての格安スマホ選び

 

 

 

HUAWEI nova liteのMVNOの取り扱い業者

2017年3月13日現在の情報
楽天モバイル
実売価格は21,800円(税別)、楽天カードによる24回分割払いが可能。
WEB限定で通話SIMお申し込みにより19,800円(税別)に。

楽天モバイルの詳細・お申し込みはこちら【楽天モバイル】

 

LINEモバイル
実売価格は19,900円(税別)

LINEモバイルの詳細・お申し込みはこちらLINEモバイル

 




関連ページ

HUAWEI novaのスペックとレビュー
HUAWEI novaの魅力についてそのスペック解析とレビューをしていきます。
HUAWEI MATE9のスペックとレビュー
HUAWEI MATE9の魅力についてそのスペック解析とレビューをしていきます。
SHARP AQUOS SH-M02のスペックとレビュー
SHARP AQUOS SH-M02がリリース!その魅力について迫っていきます。
FUJITSU arrows M02/RM02のスペックとレビュー
FUJITSU arrows M02/RM02がリリースされました。その魅力について迫っていきます。
HUAWEI Mate Sのスペックとレビュー
HUAWEIより美しいボディと強力なスペックの最新機種、Mate Sが発売されました。その詳細と魅力についてご紹介していきます。
HTC Desire 626のスペックとレビュー
シンプルなデザインが人気のHTC。Desire626を投入で日本市場のシェアがどこまで伸ばせるか。そのスペックとレビューに迫ります。