大手キャリアと格安スマホの料金意識比較

2017年 スマホの利用料金に関する調査結果

MMD研究所は、「2017年 携帯電話の利用料金に関する調査」を実施し結果を公表しました。
 調査の対象は15歳以上の男女971人。メインで利用している端末の月額料金を調査したもので、内訳は大手キャリア(NTTドコモ、au、ソフトバンク)のユーザーが335人、格安SIMが321人、大手キャリアのフィーチャーフォンが315人でした。

支払っている平均額

現在支払っている月額の利用料は、大手キャリアのスマートフォンのユーザーは半数が「7000円以上」と回答、平均は7876円になっています。

 

大手キャリアではやはりこれくらいの利用料が当たり前なのかと、格安SIM利用の私にとっては懐かしい金額が出てきました。

 

 一方、格安SIMのユーザーは「1000円以上2000円未満」が最も多く33.6%、「2000円以上3000円未満」が21.5%で続き、平均は2957円だった。

 

この価格はたとえば楽天モバイルの3.1GBプランで1600円、それに5分間かけ放題850円をつけて、若干のプラス料金分ということになり、この金額を払えばまったく問題なく快適にスマホを使うことができます。

 

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!




大手キャリアのユーザー「高いと思う」が多数

月額の料金についてどう思うかの調査結果は、大手キャリアのスマートフォンユーザーの40.1%が「とても高いと思う」、46.4%が「どちらかといえば高いと思う」と回答し、合わせて86.5%が高いと感じている結果になっています。

 

今考えれば、大手キャリア利用時代は携帯代金10000円が当たり前と考えたものですが、長年通信費にかなりのコストを費やしてきたということを改めて感じました。

 

 格安SIMのユーザーは「妥当だと思う」が31.7%で最も多い回答です。

 

 

 

適正月額料金はいくら?

適正だと思う月額料金を調査すると、大手キャリアのスマートフォンユーザーの回答の平均は4117円になり、実際に支払っている額の平均(7876円)とは3759円の開きがある結果が出ています。

 

 格安SIMのユーザーが適正だと思う額の平均は2176円で、ギャップは781円でした。

 

 ちなみに私のFOMAスマホ時代は脅威の1000円という時代がありました。
 しかし、ネット機能がWiFiしか使えず、外で出歩いて使うにはかなり無理がありました。

スマホ端末代金は7~9万円が最多

現在利用している端末の代金について調査、大手キャリアのスマートフォンユーザーで最も多かった回答は「70000円以上90000円未満」で、20.6%でした。これに次ぐ19.7%は、「月々の分割で支払っているため、端末料金は分からない」と回答しています。平均は5万9312円とのことです。

 

私が最近ゲットしたスマホはHUAWEI MATE9、格安スマホの中では最上位機種で60000円ちょっとしています。
でもその分毎月の利用料は安いわけでして、一括で購入してしまえば快適に使えるので大変重宝しています。

 

HUAWEI MATE9の詳細

 

 格安SIMのユーザーは、27.1%が「10000円以上30000円未満」で最も多く、次いで「30000円以上50000円未満」が21.5%だった。平均は3万5614円。「月々の分割で支払っているため、端末料金は分からない」と回答したのは5.6%、「わからない」は3.1%だった。

 

 最近、HUAWEIからnovaが新発売されています。
 コンパクトでハイクオリティということでミドルクラス格安スマホの最先端機種ともいえるでしょう。

 

楽天モバイルへの乗換えで期間限定価格で購入が可能です。(2017年3月17日現在)

販売端末一覧

 

端末に支払ってもよい額の平均は?

端末代金ではこのほか、大手キャリアのスマートフォンユーザーの82.5%が「高いと思う」と回答、格安SIMのユーザーでも「どちらかといえば高いと思う」が36.2%で最多になっています。

 

 スマートフォン(端末)に支払ってもよいと思う金額の平均は、大手キャリアのスマートフォンユーザーは2万4984円、格安SIMユーザーの平均は2万3580円で、同じ価格帯になっている。

 

 格安SIMへの乗り換えについては、大手キャリアのスマートフォンユーザーは24.5%、フィーチャーフォンユーザーは26.7%が検討していると回答しているようで、年々その動きは活発化しているようです。

 

 一度格安スマホを使うと大手キャリアに戻る理由が見当たりませんのでこれは時間の問題でもあると思いました。

 

楽天モバイルは超お得!

楽天モバイルなら月々のスマホ代がこんなにもお得?早速シミュレーション!

 

 

今なら864円(税込)×3カ月割引!mineoでスマホ代を更におトクに!

 

 



関連ページ

シニア古希爺(こきじい)の初めての格安スマホ選び
70歳にしてついにスマホデュー。シニア世代のスマホ選びに必見。古希爺が格安スマホとその本体を選んだ過程を詳細に記したものです。まだまだ老人とは言わせません。
スマホのシェア率はどのくらい?2015年10月データ
増え続けているスマホ。そのシェアはいったいどのくらいになったのでしょう。最新の所有率データと考察をお知らせします。
エヴァンゲリオンスマホで使えるおススメの格安SIMを考察
エヴァンゲリオンのスマホがセブンイレブンで限定発売されます。しかしスマホには通話用のSIMカードが付属されていない。これに先駆けおススメのSIMカードを紹介!
ドコモは保険売ったり、auは電気売ったり・・・
大手キャリアのNTTドコモやauは本業のシェアをさらに伸ばすため業務提携し他戦略に出ているようです。
格安SIMが格安で完全なかけ放題になる日
かけ放題と言ううたい文句で出てきた格安SIMがある一方、本質を見ると1回あたりの通話時間に制限があったりまだまだ条件が多い。そんな中格安SIMが本当にかけ放題になる方法を紹介します。
「iPhone 6s/6s Plus」の分解検証記事
待ちに待ったiPhone 6s。これを分解して検証した記事の紹介です。
中古スマホを売る方法について
スマホは今や半年に一回新機種が出ています。更には格安SIMの登場により、SIMフリーのスマホを手にする人もいるでしょう。では、それまでお持ちの中古スマホはどんな方法でいくらぐらいで売れるのでしょうか!?
IIJmioより電子書籍カード1000円プレゼントキャンペーン開催中!
IIJmioよりソニーの電子書籍ストアReader Storeで使える電子図書券「1,000円分」を先着5,000名様にプレゼントキャンペーンを開催中です。
スマホ料金はなぜ高いのか?
高いと思っていたスマホ料金が、格安SIM会社利用でここまで減りました。 その実態例をご紹介します。
あなたはAndroid派?iPhone派?
スマートフォンを購入した理由についてを調査。iPhoneかAndroidかその割合はどういう結果に?2015年上半期の最新調査データをお知らせします。
スマホの欠点は・・・
増え続けるスマホですが、そこにも欠点が。調査結果をもとに持論を展開したいと思います。
日本の携帯料金は決して高くない-ソフトバンク孫社長-
政府でも取り沙汰されている携帯料金を見直すべきと言う意見に待ったをかけた人物がいる。それはソフトバンクの孫正義社長だ。携帯料金は高くないという彼の意見はいったいどんなものなのだろうか!?
もしもシークスデータ新プラン「これでもかっ!!」を発売
エックスモバイルは使い放題なのに1日の制限容量により「速度制限が解消されない」というクレームに基づき、毎日更新される新プランを発売しました。
格安スマホを出し続ける「Huawei」ってどんな会社?
格安SIMや格安スマホがだんだんと世の中で出回ってくる中躍進を続けているのがスマホメーカーである「Huawei」社。いったいこの企業はどんな企業なのか気になった。
U-mobileがWEB申込みでも即日対応可に!
格安SIMのMNP手続きはWEB経由だと数日かかっていましたが、即日対応できるように!それがU-mobile なのです。他社に先駆けて開発した即日対応システムとはどういう仕組みなのでしょうか?
ぷららモバイルLTEが新規開通キャンペーン中
ぷららモバイルLTEが新規顧客獲得に向けて期間限定のお得なキャンペーンを実施中です。
MVNOよりいよいよ本格的かけ放題開始~楽天モバイル~
格安SIM会社としては本来の低価格帯を維持しつつかけ放題を実現させた楽天モバイルのサービスにせまります。
U-mobileが3か月無料キャンペーン実施開始!
LTEが使い放題が売りのU-mobileがなんと新規申し込みで、3か月無料のキャンペーンを開催中!
女性に人気の格安SIMはどこ?
格安SIMや格安スマホの会社はたくさんあるけれど、女性にはどこが人気なのでしょうか?MMD研究所のデータと合わせてその実態をご紹介します。