ドコモは保険売ったり、auは電気売ったり・・・

保険を買うとドコモが・・・

NTTドコモは遂に本業から離脱!?
全国約2400店のドコモショップで、来夏にも日本生命保険の生保商品を販売する方向で最終調整していることが分かったそうです。
携帯料金と保険料支払いのセット割引も検討しており、近く発表する見通しとのこと。
携帯電話大手と保険業との提携では、KDDIがインターネット専業のライフネット生命保険に約16%出資して販売しているほか、ソフトバンクを含む3社がネット経由で損害保険を販売している。
ドコモは携帯販売店網を生かして保険代理店となり、新たな収益事業に育てたい考えと言うことで注目が集まっています。
日生がドコモの店舗スタッフ教育を請け負い、スタッフの資格取得に応じて順次取扱店を拡大する。
ドコモは「日生以外の生保の商品も扱うことになる」と話しており、複数の生保商品を扱う乗り合い代理店として携帯利用者に最適な商品を販売していく。
携帯電話普及台数が人口を上回る状態となり市場の伸びが期待できないなか、携帯大手は3000店規模の店舗網を活用した新たな収益事業に乗り出している。
KDDIは店頭のタブレット端末から食品や生活用品などを注文する物販事業を開始。ソフトバンクは独自ブランドアクセサリーの販売を強化している。

auは電気が安くなるとか・・・

通信大手KDDI(au)が、2016年4月から自由化される一般家庭向けの電力販売に参入する方針を固めたことが分かったと言うニュースが入ってきました。

 

20日に発表し、経済産業省に小売り電気事業者として登録を申請する予定とのことです。

 

通信サービスの利用者には、料金を割り引くなど、既存の顧客基盤を生かしたサービス展開を図る方針。

 

沖縄を除く全国で来年4月以降、約4400万人の利用者を中心に「auでんき」として電力小売りサービスを提供し、スマートフォンと連動したサービスも検討しているという。
販売する電力は、大手電力会社と提携することなどで調達する。通信大手3社で小売り電気事業者の登録を申請するのは、同社が初めてとみられる。

 

大手電力が地域ごとに独占してきた一般家庭向けの電力販売には、来年4月の全面自由化に合わせて、都市ガス大手や石油元売り大手など、異業種から参入表明する動きが相次いでいますが、電話通信各社も日々新しいことを模索しているようです。。

大手キャリアもいいけれど・・・

最近はこのように大手キャリア通信会社が相次いで業務提携をしてニーズを増やそうとしていますが、果たして本当に安くなるのかは?です。

 

結局のところ、電話料金体系自体が高額であるには変わらず、そこにきて月々数百円程度安くなるだけではないかと考えています。

 

保険とスマホをがんじがらめにしたり、電気もスマホと一体化してしまうことで確かにセット割はメリットとして出てくるでしょう。

 

しかし、保険を辞めたいとき、電気も自由化が始まり他へ乗り換えたいときは逆にペナルティになってしまう可能性があるのです。

 

従ってやはりこれらは切り離して考えていくと、格安SIMにもまだまだ先はあるように思いました。

 

格安SIMの良さはなんといっても気軽に申し込みができ、自分の条件に合わせたサービスを安値で購入できるからです。

 

政府自体現在の携帯料金が高額である点を指摘していますが、今後の動向に注目です。

関連ページ

シニア古希爺(こきじい)の初めての格安スマホ選び
70歳にしてついにスマホデュー。シニア世代のスマホ選びに必見。古希爺が格安スマホとその本体を選んだ過程を詳細に記したものです。まだまだ老人とは言わせません。
スマホのシェア率はどのくらい?2015年10月データ
増え続けているスマホ。そのシェアはいったいどのくらいになったのでしょう。最新の所有率データと考察をお知らせします。
エヴァンゲリオンスマホで使えるおススメの格安SIMを考察
エヴァンゲリオンのスマホがセブンイレブンで限定発売されます。しかしスマホには通話用のSIMカードが付属されていない。これに先駆けおススメのSIMカードを紹介!
格安SIMが格安で完全なかけ放題になる日
かけ放題と言ううたい文句で出てきた格安SIMがある一方、本質を見ると1回あたりの通話時間に制限があったりまだまだ条件が多い。そんな中格安SIMが本当にかけ放題になる方法を紹介します。
「iPhone 6s/6s Plus」の分解検証記事
待ちに待ったiPhone 6s。これを分解して検証した記事の紹介です。
中古スマホを売る方法について
スマホは今や半年に一回新機種が出ています。更には格安SIMの登場により、SIMフリーのスマホを手にする人もいるでしょう。では、それまでお持ちの中古スマホはどんな方法でいくらぐらいで売れるのでしょうか!?
IIJmioより電子書籍カード1000円プレゼントキャンペーン開催中!
IIJmioよりソニーの電子書籍ストアReader Storeで使える電子図書券「1,000円分」を先着5,000名様にプレゼントキャンペーンを開催中です。
スマホ料金はなぜ高いのか?
高いと思っていたスマホ料金が、格安SIM会社利用でここまで減りました。 その実態例をご紹介します。
あなたはAndroid派?iPhone派?
スマートフォンを購入した理由についてを調査。iPhoneかAndroidかその割合はどういう結果に?2015年上半期の最新調査データをお知らせします。
スマホの欠点は・・・
増え続けるスマホですが、そこにも欠点が。調査結果をもとに持論を展開したいと思います。
日本の携帯料金は決して高くない-ソフトバンク孫社長-
政府でも取り沙汰されている携帯料金を見直すべきと言う意見に待ったをかけた人物がいる。それはソフトバンクの孫正義社長だ。携帯料金は高くないという彼の意見はいったいどんなものなのだろうか!?
もしもシークスデータ新プラン「これでもかっ!!」を発売
エックスモバイルは使い放題なのに1日の制限容量により「速度制限が解消されない」というクレームに基づき、毎日更新される新プランを発売しました。
格安スマホを出し続ける「Huawei」ってどんな会社?
格安SIMや格安スマホがだんだんと世の中で出回ってくる中躍進を続けているのがスマホメーカーである「Huawei」社。いったいこの企業はどんな企業なのか気になった。
U-mobileがWEB申込みでも即日対応可に!
格安SIMのMNP手続きはWEB経由だと数日かかっていましたが、即日対応できるように!それがU-mobile なのです。他社に先駆けて開発した即日対応システムとはどういう仕組みなのでしょうか?
ぷららモバイルLTEが新規開通キャンペーン中
ぷららモバイルLTEが新規顧客獲得に向けて期間限定のお得なキャンペーンを実施中です。
MVNOよりいよいよ本格的かけ放題開始~楽天モバイル~
格安SIM会社としては本来の低価格帯を維持しつつかけ放題を実現させた楽天モバイルのサービスにせまります。
U-mobileが3か月無料キャンペーン実施開始!
LTEが使い放題が売りのU-mobileがなんと新規申し込みで、3か月無料のキャンペーンを開催中!
女性に人気の格安SIMはどこ?
格安SIMや格安スマホの会社はたくさんあるけれど、女性にはどこが人気なのでしょうか?MMD研究所のデータと合わせてその実態をご紹介します。