法人契約できる格安スマホのおすすめ

法人向けの格安スマホのしくみ

格安スマホは個人向けだけのサービスではありません。
法人向けにもいろいろなサービスが展開されており、年々そのサービスは充実する一方です。
法人向けであっても勿論通話料は非常に安くできますし、会社の通信料を大幅に下げることができます。

 

法人向け格安スマホのメリットは?

まずなんといっても月額料金が安く収まる点でしょう。
大手3大キャリアと比べるとずいぶん基本料金が安くなる点がおすすめの基準ともなります。
通話中心のため、端末自体は非常に安いもので十分といえるでしょう。
端末はSIMフリーになるため、海外での使用時は現地SIMを入れて使うことが可能です。
また、最近の端末はデュアルSIMスマホ(SIMカードが2枚入るもの)が増えてきているため、1枚は日本のSIM、1枚は現地のSIMを入れて1台で2役させることが可能です。
海外ローミングサービスも展開されているようですのでこの点にも注目です。

 

法人向け格安スマホのデメリット

大手キャリアならかけ放題が当たり前になりつつありますが、格安スマホの場合はなかなかそのサービスがありません。
しかし、最近はBigLobeあたりは最初の3分無料でその後はアプリ利用で30秒10円のサービスが出てきています。
このほか、キャリアメールが使えないというデメリットがありますが、法人ではあまり関係ないかもしれません。
ドコモショップのような店舗を展開しているところが少ない点もデメリットとしてあげられます。
ただ、こちらもあまり利用しないサービスかもしれませんので、その分安くなればメリットは大きいのではないでしょうか。

 

 

 

法人契約できる格安スマホ各社情報

mineo(マイネオ)

mineo_hojin

au・ドコモ回線を使用
音声通話付きで月額1,310円~
通話料はビジネスLaLa」使用で携帯へ30秒8円、一般電話へ3分8円
端末保証は月額450円
企業管理ページで一元管理
あまったデータ容量は社内でシェアできる

 

mineoの評判と詳細

公式サイトはこちら



 

楽天モバイル

rakuten_hojin

ドコモ回線を使用
音声通話付きで月額1,250円~
通話料は「楽天でんわ」使用で30秒10円
専用アプリ「0037ダイヤラー」利用で通話定額プランが600円/月~
050データSIMは645円~
不通期間がほぼなく切り替え可能

 

楽天モバイルの評判と詳細

公式サイトはこちら【楽天モバイル】