格安スマホ本体を比較して参考になればと思います

格安SIMを利用してスマホ料金を節約しよう!

最終更新日2017年4月13日
お使いのスマホ(携帯)料金は月々いくらぐらいでしょうか?
携帯電話会社はau・ドコモ・ソフトバンクしかない!と思われている方が多いかもしれません。
しかし2015年にスマホ本体のSIMフリー化(ご利用のスマホ本体で他社のサービスが利用できる)の義務化が始まり、それに伴い新たなスマホ(携帯)会社サービスが始まりました。
そしてMVNO(格安SIMで格安の電話料金サービスを提供している会社)のサービスが本格化しており、乗り換えにより、より安いスマホ料金が選べるようになったのです。

 

格安スマホとは

aa

格安スマホはMVNO(仮想移動体サービス事業者)といわれるサービスを行う携帯会社のことで、大手キャリア(docomo・au・ソフトバンク)に比べて大幅に価格が安いのが特徴です。この業者の出現で、au・ドコモ・ソフトバンク以外からも電話サービスを選ぶことができるようになりました。そしてこの低価格サービスに付くSIMカードを格安SIMといいます。
つまりMVNO事業者は、携帯電話回線を通信事業者(au・ドコモ・ソフトバンク)から借り受け、独自のサービスをくわえて提供しているのです。
日本では今や数十社こういったサービスをする業者がありますが、モバイル24時ではその中でも厳選した数社についての格安スマホ業者やスマホ本体の比較、紹介をしています。


モバイル24時おススメの格安スマホ

楽天モバイル




総合的な使いやすさからおススメできる格安SIM会社が楽天モバイルです。
申込み月は基本料金が無料になったり、楽天ポイントが貯まりやすくなるキャンペーンがあります。
なんといってもいち早く+850円オプションで5分間かけ放題プランが登場しましたが、楽天ポイントがそのままスマホ代の支払いに使える点などメリットが多いのが強みといえます。。
プランの料金も競合の格安SIM各社の中では比較的安い点が抵抗なく使える理由だと思います。

楽天モバイルの評判と詳細

公式サイトはこちら【楽天モバイル】

mineo




docomoとauどちらでも使えるお得な格安スマホです。
3月1日より他社に追随して5分かけ放題サービスが登場しました。
初心者目線のわかりやすいサポート体制が非常に充実しており、70歳になる私の父はmineoでスマホデビューしたくらいです。

古希爺の始めての格安スマホ選び

 

mineoの詳細と評判


公式サイトはこちらmineo

BIGLOBE




インターネットプロバイダとして古くから名前は知られているMVNO(格安SIM会社)です。
最近は高速ルーターWiMAX2+の販売も促進しており、格安SIMと共に大きなキャッシュバックが得られるのがポイントです。

BIGLOBEの評判と詳細


公式サイトはこちら家族で使えば家計が助かる♪【BIGLOBE SIM】

現在行われている格安スマホのキャンペーン情報

毎月のようにMVNOの格安SIM各社はいろいろなお得なキャンペーンを打ち出して新規顧客の獲得を目指しています。
その中で今現在行われている格安SIMのキャンペーンをご紹介していきます。

 

楽天モバイル

新生活応援キャンペーン

2017年3月10日(金)10:00~2017年4月10日(月)9:59
対象機種が最安値980円からとなっております。
rakuten camp
対応機種は15種類、980円~49800円まで幅広く揃っています。
このキャンペーンは一括払いが対象になりますのでご注意ください。

1人契約するともう一人無料!

2017年2月15日(水) 12:00 ~ 2017年5月11日(木) 9:59までの限定で実施中。
rakuten camp
このキャンペーンにはいろいろ制限がある点注意が必要ですが、条件が合えばかなりお得といえるでしょう。
割引されるのは月額基本料のみとなります。
3回線目以降のお申し込みは他のキャンペーンと併用できません。
本キャンペーンは家族、友人、ご自身の複数回線でのお申し込みすべてが対象になります。
本キャンペーンには楽天でんわ5分かけ放題への加入が必要となります。
1回線目のご契約が5GB以上が対象となります。

楽天モバイルの評判と詳細

公式サイトはこちら【楽天モバイル】

 

mineo(マイネオ)

新生活応援800円×3ヶ月割引

2017年5月9日(火)まで
お申し込み期間中にmineo通信サービスをデュアルタイプで新たにお申し込みされた方は月額料金が800円×3ヶ月割引になります。
mineo_camp20170509

mineoの評判と詳細

公式サイトはこちらmineo

最新記事

「格安スマホ」は、MVNOと呼ばれる事業者が大手キャリアから回線を借りて提供しており、近年その利用者は利用料金が安いため大きく増えてきました。
しかし、昨年国民生活センターに寄せられた相談は1045件と、前年度の2.8倍に急増しているということです。相談内容として、「問い合わせ先が電話窓口しかなく、つながりにくい」「修理期間中に代替機の貸し出しサービスがない」ということです。
では実際に格安スマホが壊れてしまったら代替機などの貸し出しサービスはあるのでしょうか?